金属アレルギー

歯科アレルギーの説明と治療法

歯科治療後から体調不良が続いたり、金属製品にかぶれる傾向がある人は金属アレルギーである可能性があります。義歯や詰め物に使用されている金属が原因となって顔や体に症状があらわれるケースが近年増加しています。歯科アレルギーに関する詳しい診療を行ってくれる病院も存在します。症状には口内炎や歯肉炎、舌炎などの口の中にあらわれるものがあります。その他、アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎、ステロイド性皮膚炎や脱毛症など顔や体にあらわれるものもあります。治療にはパッチテストが用いられる事が多く、このテストで原因となる金属元素を判明する事ができます。

治療による金属アレルギー

歯科の治療に用いられるブリッジや詰め物などに用いられる金属によるアレルギーが増えています。金属その物による反応ではなく、唾液や食べ物などにより溶け出した金属イオンが原因となります。主にニッケルやクロムによる事が多く、歯列矯正に用いられるワイヤーでも起こる事があります。口内炎や舌炎など金属に触れている部分に症状が出るほか、肩こりやだるさ、手足に水泡やアトピー性皮膚炎など全身に症状が出て来ます。そのため歯科で治療した後に体調不良となった場合は、パッチテストなどで確認する必要があります。原因となる金属を取り除き、他の素材と交換すると症状は治まっていきます。

↑PAGE TOP