金属アレルギー

歯周病って何?そのケア

歯周病は口腔内のケアをしていなければほとんどの人が直面する問題です。歯を包んでいる歯茎がだんだん下に下がって来ます。エアポケットと呼ばれる歯茎の内側に歯石がたまり炎症を起こしていきます。定期的な歯石の除去や汚れを排除していかなければ、どんどん歯茎の状態が悪化します。歯周病はなかなか本人には気付きにくいものですが、歯茎が腐る前に歯科を受診しましょう。口臭がひどくなると歯茎の腐敗が始まっています。抜ける歯が多いと入歯になってしまいます。出来るだけ歯を残すためにお口のお手入れを忘れないで下さい。

歯科恐怖症を克服するには

過去の治療などで怖い思いをしたのが原因で、歯科恐怖症になってしまうこともあります。本人は「大の大人が病院を怖がるなんで恥ずかしい」という劣等感を抱いてしまうことも少なくありません。しかし、この症状は病院のにおいを嗅いで、身体的に吐き気や頭痛があらわれるなど、身体的な症状を伴うこともあります。歯科恐怖症は決して恥ずかしい症状ではありません。克服するには、「とりあえず入り口まで行ってみよう」という気楽な気持ちで臨むと良いです。だんだん症状が緩和されていくこともあります。

↑PAGE TOP